google.com, pub-6631454846352634, DIRECT, f08c47fec0942fa0

魔法少女になりそこね

在宅自営業母が綴る DVや育児やお金や色んな話

経済DVとリボ地獄

アイキャッチ

 

元経済DV被害者のメァです。

 

加害者はもちろん旦那です。

 

f:id:mea_magika:20181128201949p:plain

 

 

始まりは『結婚』

結婚してもずっと仕事(某ディーラー)を続けるつもりだった私。

 

学生時代からずっと、学校以外の時間はほぼアルバイトをしていたので、『働いていない自分』が全く想像つかなかったのです。

 

なので、結婚する時も当たり前のように「共働きなんだから生活費も折半で良いよね」と申し出ました。

 

 

私は契約社員で、収入が旦那の半分くらいなので、貯金は旦那の収入から、旦那の管理でしてもらうという約束でした。

 

 

しかし私は考えが甘かった。

 

いや、普通はこうはならないと思うのですが。

 

 

生活費をくれない!

旦那は、私が産休に入り無収入になっても、家計に入れる金額を変えませんでした。

 

まだ若かった私は、そういうものなのかと、僅かな貯金から自分の負担額を出しました。

 

 

長男を出産し育休に入ってからは、給付金が入るようになりました。

 

育休の給付金は、基本給の1/2を2ヶ月に1回振り込まれます。(当時)

 

私は時給制の契約社員でしたので、基本給は8万円。2ヶ月に1回、8万円程が振り込まれました。

 

更に、会社の健康保険から、出産祝い金として30万円ほど出た記憶があります。

 

 

しかし、それもすぐ消えてなくなりました。

 

私が給付金や僅かな貯金を崩して生活費にあてていたのを、何を勘違いしたのか…

 

「俺が金出さなくてもやっていけるじゃん」と考えた(後日 旦那談)ようで、旦那が完全に生活費を渡さなくなったのです。

 

 

夫婦2人と、完ミの赤ちゃん。

 

いくら義実家同居で家賃が無いとはいえ、育休中の私1人で何ヶ月も養えるわけがありません

 

 

貯金も底をつき、何度も旦那に「生活費を出して」と頼みました。

 

しかしその度に何かと理由を付けて断られました。

 

1番多かったのは

「お前の社会保険料、俺から天引きされてんだぞ。俺が払ってるんだから、その分をマイナスしたらゼロだろ」

という理由です。(同じ会社で働いていました)

 

育休中の社会保険料は全額自己負担なので、まぁまぁの金額なんですよね。

 

 

それでも今思えば「なんだそりゃ」案件なのですが、なんせ無知で無能だった私です。

 

「生活費は自分で何とかしなくては」と考えてしまいました。

 

 

実家には頼れない

しかし、私の実家はかなりの貧乏。

 

 

私が幼少の頃、父が薬害肝炎で倒れました

 

病気で働けない父の代わりに、母が1人で朝も夜も働いて、当時まだ学生だった妹2人を必死で養っていました。(父は主夫として頑張っていました)

 

国保も年金も未納、家賃もかなり延滞しつつ払うのが精一杯。

 

 

更に、私が長男を出産した直後、母に子宮頸がんが見つかりました。

 

卵巣と子宮を全摘する大手術をしましたが、母は2ヶ月しか仕事を休まず…

 

急にMAXで襲って来た更年期障害に苦しみながら、すぐに復帰していました。

 

 

こんな状態の実家に、とても「援助してくれ」とは言えません

 

 

また、私は『被虐待児』でした。

 

【経験談】被虐待児だった私が2児の母となり思うこと【前編】 

【経験談】被虐待児だった私が2児の母となり思うこと【後編】

 

助けを求めて、助けてくれた覚えはありません。

 

それどころか、『お前が悪いんだろう』と責められたことしかありません。

 

 

考えに考え、しかし考えが浅かった私は、ここで最大の選択ミスを犯しました。

 

「復職して収入が復活するまでクレカを使おう。

リボ払いにすればとりあえず払ってはいけるだろう。」

 

 

当時はまだ、リボ払いというものがどんなに恐ろしいものなのか、わかっていませんでした。いや、分かろうとしていませんでした。

 

生まれたばかりの長男を生かすため、 とにかくその場を凌ぐ方法しか目に入っていなかったのです。

 

 

リボ地獄の始まりです。

 

続きます。

 

続きはこちら↓

mea-magika.hatenablog.com

 

 

mea.